金融とFXの基礎用語辞典

日本人の多くの人が仮性包茎だそうです。

この仮性包茎は、包茎ではないというのが正確だそうなのですが、

ひとまず仮性包茎も包茎と言っておくとします。

 

この包茎(仮性包茎)、世の男性を悩ます原因となる訳ですが、

その理由の1つに女性に見られた時に、かっこ悪いと思われたり、

なんかマイナスなイメージに思われないか、と思ってしまい

悩んでしまうのですが、それで女性に対して遠慮してしまうのは、

もったいないことです。

 

あまりにも気にしすぎて、包茎治療包茎手術をしてからじゃないと、

女性と付き合えないか?というと、そんなことは全くありません。

 

そりゃ、奥手の日本人も、最近は結構ませてきているかもしれませんが、

いちいち包茎だから、どうこうという事って、ほぼ皆無と言っていいのです。

 

それなのに、気にして、包茎治療包茎手術の後、とか考えるのは、

もったいない。青春の時間をそんなことで遠慮してしまうなんて・・

 

包茎は多くの男性が悩む問題ですが、大人の男性の多くが学生の頃、

包茎だからと言って気にしていたことを、無意味だった!と

思っているものなんですよ。

遠慮することはありません。

取引通貨ペアとは売買する2国通貨の組み合わせを言います。

 

FXは、ほかの外貨投資に比べて取引通貨の種類が圧倒的に多いところが特徴です。

 

取引通貨の種類が多いということは、為替の変動も多種多様といえ、金利も高いものから低いものまで様々ということです。

 

つまり、通貨の種類が多いということは、利益の見込めそうな通貨への投資ができるのでチャンスが豊富にあるので、スワップポイント利益獲得のチャンスが増えると言えます。

 

FX取引で主な通貨と言えば、アメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、カナダドル、ニュージーランドドルあたりがメインで扱われていますが、スイスフランや中国元など、それ以外の通貨を多彩に扱っている会社も多いです。

 

FXに慣れてくると、円と外貨の組合せだけでなく、外貨同士の組合せでペアを組んで更なるハイリターンを得たりすることも可能になります。

 

ですから、外貨と組み合わせの特徴をしっかりと把握さえすれば、様々な通貨で多種多様な組み合わせができるため、利益を手に入れるチャンスを確実にし、賢い増資ができるようになります。

円高・円安といわれてもどっちがどっちかわからない・・・なんていう人は多いかもしれませんね。

 

円安・円高という言葉はニュースなどでよく聞きますが、FXを行うには『円高・円安』というものが最も重要であるといっても過言ではありません。

 

まず、例を挙げて考えてみましょう。

 

1ドル=115円だったのが、レートが変動して1ドル120円なった場合には、円の価値はどうなったでしょうか。

 

正解は『円安』です。

 

一見、115円から120円と高くなっているのをみると『円高になった』といってしまいそうですが、そうではありません。

 

今まで1ドルを購入するのに115円で買えていたものが、変動によって120円支払わなければ1ドルを購入することができなくなったのです。

 

すなわち、円の価値が安くなったということ『円安』を表しています。

 

これこそがFXの基本となってきます。

 

円高のときにドルを買って、円安になったときにドルを売る。

 

そうすることによって利益が発生するのです。

 

ドルの価値が安いときに買い、反対に価値が上がったときに売る。と、ドルで考えるとシンプルで分かりやすいです。

 

“円安=ドル高”“円高=ドル安”と覚えておきましょう。

現在の外国為替取引や国際貿易の取引において、最も中心的な役割を果たし、広く使用されているのは、米ドルです。

 

各国の外貨準備高に占める米ドルの割合は非常に高く、アジアやアフリカなどでは、買い物や取引の通貨として、米ドルが普及している国もあります。

 

このように、国際貿易の取引や、外貨準備金として利用されている国際通貨のことを「基軸通貨(キーカレンシー)」と言います。

 

ゴールド(金)が国際通貨流通の裏付けになっていた第二次世界大戦までは、イギリスの「英ポンド」が世界の基軸通貨でした。

 

しかし、大戦後、その当時のゴールドの半分以上をアメリカが保有していたことにより、「米ドル」が基軸通貨になったようです。

為替レートの変動性を導入している国は多く、そのおかげで、FXという取引が行えることになりますが、通貨の統一と同じように為替レートを固定している国もあるます。

 

例えば、アルゼンチンでは通貨ペソと米ドルとを1対1の為替比率で維持する固定相場制を導入しています。

 

このことにより、国際的な経済の中でアルゼンチンの経済はアメリカの経済と影響し合い安定することにつながります。

 

為替レートは常に変動していますが、実際には、その国(時には経済協力国)の政策により、ある一定のレートで維持を図っています。これは、上記でも触れたように、為替の変動が、その国の経済に大きく影響する為です。

 

良くも悪くも、米ドルと日本円の固定相場制から、変動相場制への移行があります。

 

これは、アメリカの経済が1970年代のベトナム戦争の泥沼化や貿易収支の悪化から、回復する為の政策が起因となっています。

市場で取引される商品は「通貨」です。

 

そう、私たちが普段使っている「紙幣」や「硬貨」が「商品」として取引されます。

 

国際的に取引される通貨ですが、その背景や通貨の意味には様々なものが含まれています。

 

例えば、1999年に、ヨーロッパの統合通貨として「ユーロ」が誕生し、2002年からは12ヶ国で流通するようになりました。

 

「ユーロ」の場合は、ヨーロッパという地域の一本化への第一歩という意味合いが大きく、各国の通貨を統一することは、金融政策をはじめ、経済政策のかなりの部分を国という単位で運営できなくなるという、大きなデメリットを含みます。

 

それでも、通貨を統一することで、各国の経済の安定をはかる事ができ、その国の経済危機の回避につながるという大きなメリットもあります。

当サイトの紹介

本日は当サイトへお越しいただき誠にありがとうございます。

 

当サイトでは、金融やFXなど”お金”にまつわる基礎用語を紹介しているサイトです。

 

 ・通貨の価値について

 

 ・為替レートの固定制と変動制

 

 ・基軸通貨とは?

 

 ・円高と円安の違い

 

 ・取引通貨ペア

 

上記の5項目について紹介していますので、なにかの参考にしてみてください。

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • 美容皮膚科

  •